愛知県議会議員 こたま義和 オフィシャルWEBサイト誰もが魅力を実感できる“愛知”を目指して!!

こだま義和の活動報告

後援会のご案内

県政レポート

県政レポート

活動報告

2017年のレポート2016年のレポート2015年のレポート2014年のレポート2013年のレポート
2012年のレポート2011年のレポート豊田市議会議員時代のレポート

記事掲載日:2014年12月15日

衆議院議員選挙が執り行われました。

衆議院議員選挙の投開票が14日に執り行われ、愛知県第11区においては民主党愛知県第11区総支部長である「古本伸一郎」氏が5度目の小選挙区勝利を果たす事ができました。本当にありがとうございました。

しかしながら、選挙戦スタート時より懸念されていた通り、今回の投票率は戦後最低の52%台まで落ち込み、且つ、アベノミクス以外の重要課題(集団的自衛権や政治とカネの問題など)は殆ど議論されないまま、巨大与党が維持された事について、一抹の不安を感じるのは私だけでは無いと思います。

また、アベノミクスについても、株価上昇・円安誘導等の成果を認めつつも、実質賃金の16ヶ月連続減少や格差拡大など、多くの問題を抱えており、与党が選挙戦を通じて主張していた様に、本当にこの道しかないのでしょうか?

私はむしろ、少子高齢化対策としての年金・医療・介護・子育て分野に直接投資し、皆様の安心・安全を実感頂くと同時に、社会保障分野の雇用拡大を図る事が重要と考えますし、総選挙に勝利した巨大与党に対しては、私のような意見にも耳を傾け、慎重に物事を進めていただく事を期待したいと思います。

----

記事掲載日:2014年12月2日

衆議院議員選挙が始まりました。

急な衆議院の解散によって、2年前同様に師走の選挙となりましたが、正直な所、今回の選挙の争点が何なのか、約700億円とも言われる巨費を投じてまでこのタイミングで選挙を行う必要性があったのか、理解し難いというのが本音の所であります。

安部総理は「消費税引き上げ延期の是非を国民に問う」との発言をされていますが、現在の経済状況からすれば延期はやむを得ないと私も感じるものの、2年前には消費税引き上げという不人気政策を掲げ民主党は大敗したのとは対照的に、今回は延期という甘い言葉で選挙戦を戦おうとする安部総理のやり方は、ただ単に政権維持が目的としか思えません。

むしろ、安倍総理はこの2年間の活動内容全体(アベノミクス・集団的自衛権・特定秘密保護法・労働法制見直しなど)について正々堂々と主張し、国民の審判を仰ぐべきではないでしょうか。

愛知県第11区(豊田市・みよし市)からは、民主党公認で前衆議院議員の『ふるもと伸一郎』氏が立候補いたしましたが、ふるもとさんはこれまで、勤労者・納税者・生活者のために活躍されてきましたが、更なる活躍のために、皆さんのお力で再び国政の場へ送り出しましょう!!

----

記事掲載日:2014年11月28日

技能五輪全国大会が開幕しました。

本日、技能五輪全国大会の開会式が愛知県体育館にて執り行われ、地元議員の一人として出席いたしました。

【技能五輪大会は11月29・30日が競技、12月1日は表彰式&閉会式の予定】
【全国障害者技能競技大会(アビリンピック)も11月21日~23日で行われました】

技能五輪全国大会とは、国内の青年技能者の技能レベルを競うことにより、青年技能者に努力目標を与えるとともに、技能に身近に触れる機会を提供するなど、広く国民一般に対して、技能の重要性・必要性をアピールすることにより、技能尊重気運の醸成を図ることを目的として毎年開催されており、愛知県選手団は過去9年連続で最優秀技能選手団賞を獲得しています。

今回も愛知県代表として229名の選手が参加されますが、鍛え上げた自らのスキルを遺憾無く発揮され、産業立県"あいち"の底力を見せつけてくださる事を期待しております。
選手の皆さん、頑張ってください!!


(集合写真は愛知県選手団の皆さん)

【12 月1日追記】
41職種1,200 名の選手が、己の技を競いあった技能五輪全国大会も無事閉幕を迎えました。
また、愛知県選手団は 10 年連続で最優秀技能選手団賞を受賞 !!
選手の皆さん・大会を支えて頂いたボランティアの皆さん、お疲れ様でした。
感動を与えてくれて、ありがとう !!

----

記事掲載日:2014年11月10日

ESDユネスコ世界会議の開会全体会合&地元主催歓迎レセプションに出席しました。

ESDユネスコ世界会議が本日10日から12日にかけて名古屋国際会議場において開催されますが、この世界会議開催を記念し、皇太子殿下・妃殿下ご臨席のもと開会全体会合が執り行われ、私もお招きいただきましたので、傍聴出席させていただきました。 (さすが世界会議だけあって、皇太子殿下の御挨拶をはじめ全てが英語によるスピーチのため、同時通訳用イヤホンを装着)

このESDとは「Education for Sustainable Development」 の略であり、環境・貧困・人権・平和・開発といった現代社会の様々な課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組むことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出し、それにより持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動の事であり、日本が提唱し、第57回の国連総会(2002年)で決議され、ユネスコが推進機関となって、これまで進められてきました。

今回の世界会議は、これまでの10年間の各国の取り組みの成果などを取りまとめると同時に、今後の持続可能な開発のための教育を如何に進めて行くかを議論する重要な会議でありますので、世界各国の協力のもと、素晴らしい会議となる事を期待しております。

なお、会議初日の夕方には地元主催歓迎レセプションも執り行われ、こちらにも出席させていただきましたが、愛知・名古屋のPRコーナーも設けられており、モノ作りのみならず、文化・歴史・観光といったあらゆる事柄を各国にアピールしており、世界会議を通じての今後更なる交流に繋がる事も期待しております。

----

記事掲載日:2014年10月31日

豊田東高等学校創立90周年記念式典に出席しました。

大正13年創立の挙母高等女学校以来、豊田の地で歩んで来られた豊田東高等学校が今年度90周年を迎えられ、本日記念式典が執り行われ、地元選出議員の一人として式典に出席させていただきました。

豊田東高等学校は、挙母高等女学校⇒挙母東高校⇒加茂高校⇒挙母高校⇒豊田東高校と、時代と共に近隣学校との統廃合を繰り返し、平成19年には男女共学の総合学科高校として現在の豊田市御立町に移転開校し現在に至る、市内では猿投農林高校に次ぐ歴史と伝統を誇る名門校であります。

現在ではユネスコスクールに登録され、総合学科の特色を活かし、環境教育・国際理解教育・地域連携教育の3つを柱とするESD(持続可能な開発のための教育)に取り組み、本年11月に岡山で開催されるユネスコスクール世界大会では、中部地域の代表校として高校生フォーラム等にも参加されると共に、同じく11月には皇太子殿下が東高校の取り組み内容を視察にお越しになられる程、その取り組み内容は素晴らしいものであります。

本日の創立90周年記念式典を契機に、豊田東高等学校が更に発展されます事を心より祈念申しあげます。

----

記事掲載日:2014年10月06日

民主党愛知県議員団『2015政策集:MAP48』を策定

私の所属しております民主党愛知県議員団では、昨年度に作成した「政策index2014」をベースに政策の完成度を更に高め、特に来年度以降に取り組むべき重要な政策を48項目に絞り込んだ『2015政策集:MAP48』を策定いたしました。

このMAPとは、民主・あいち・ポリシーの頭文字であると同時に、愛知の未来に向けた施策を「MAP"地図"」と位置付け、48項目について私たちの政策の道筋を示す意味も込めて命名したものであります。

今後の政策実施にあたっては、市町村と連携し取り組むべき課題も多くある事から、来る統一地方選挙を共に闘う仲間達との政策共有を図るとともに、その実現に向けて活動して参りますので、引き続きのご支援・ご指導をお願い申しあげます。

『MAP48』の詳細については、こちらをご覧ください。
http://www.minshu-aichi.com/policy

----

記事掲載日:2014年9月13日

全トヨタ労連の定期大会に出席しました。

顧問を拝命しております全トヨタ労働組合連合会の第43回定期大会が昨日・今日の2日間に渡り開催され、次期統一地方選挙立候補予定者として、改めて推薦決定頂きました。

景気は上向き傾向にあると言われていますが、現状はまだまだ厳しいのが実態でありますので、勤労者・納税者・生活者の代表として、今後も一生懸命頑張って参ります。

なお、本定期大会をもって、 永きに渡って全トヨタ労連を牽引されてきた東前会長をはじめ、多くの役員の皆様が退任されましたが、これまでの御労苦に感謝と敬意を表すと共に、東前会長の退任に伴い佐々木龍也氏が新たに会長職に就任されましたが、佐々木新会長の下で全トヨタ労連がこれまで以上に活躍される事を祈念申しあげます。

----

記事掲載日:2014年8月22日

海外調査(中国・上海)に行ってまいりました。

日本国内においては、中国バブル崩壊や対日感情等の中国リスクを懸念する声が多く囁かれていますが、中国の実態調査のため、昨年11月にジェトロ上海事務所から独立した『愛知県上海産業情報センター』の協力のもと、8月19日~21日の3日間をかけて、現地で様々な方からの話を伺う事が出来ました。

中国では、未だ急速なインフラ整備(道路・港・都市基盤)が進められており、中国は更に成長していくだろうと痛感させられると同時に、特に自動車販売については、2013年に2,198万4,100台(前年比13.9%増)と、初の2,000万台突破となるなど、更に成長が見込まれる分野でありますが、中国国内の平均賃金は急速に上昇しており、これまでの様な安い労働力を求めての進出では成り立たたず、更に中国ローカルメーカーも著しく成長している事から、日系メーカーでなければ製造する事が出来ない高付加価値の製品づくりに取り組まなければ、現地での成功はありえないと感じました。

しかしながら、高付加価値の製品の現地生産は、即ち、愛知県内の産業空洞化に直結する事となるため、常に県内において最先端技術の開発が可能となる土壌作りが行政に課せられた課題であると痛感させられました。

----

記事掲載日:2014年8月15日

「愛知県戦没者追悼式」に列席しました。

69回目の終戦の日を迎えた本日、平成26年度「愛知県戦没者追悼式」が挙行され、私も列席させていただきました。

日本武道館で同時開催されている日本政府主催の「日本戦没者追悼式」に併せ、12時の時報と共に黙祷を捧げたのち、天皇陛下のお言葉も中継され、「戦争の惨禍が再び繰り返されないことを切に願い、全国民とともに、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と、わが国のいっそうの発展を祈ります」とのお言葉を拝聴した後、献花を行い閉会となりました。

愛知県では12万6千人余の方々が先の大戦によって尊い命を失われたとの事でありますが、改めて、戦没者の御霊に哀悼の誠を捧げると共に、今日の我が国の平和と繁栄は、戦争によって心ならずも命を落とされた方々の尊い犠牲の上に築かれている事を肝に銘じ、今後の職務に臨んでまいります。

----

記事掲載日:2014年7月22日

自動車総連『政策推進コンベンション2014』に出席しました。

自動車産業で働く仲間で構成する自動車総連(全日本自動車産業労働組合総連合会)主催の「政策推進コンベンション2014」が東京にて開催され、所属議員の一人として私も出席をしました。

会議では、産業空洞化対策・雇用の安定と公正労働条件確保・持続可能な社会保障制度などについて改めて意志統一が図られると同時に、特に自動車関係諸税については、取得・保有・走行の各段階で何種類も複雑かつ過重に課せられている不条理な自動車税制を解消することは勿論、消費増税に対する国民への生活減税の役割を果たすとともに、デフレ脱却・経済再生の切り札となるものである事から、平成27年度税制改正における抜本改革に向けて、全力で取り組んでいく事が決議されました。

----

記事掲載日:2014年7月3日

『ラグビーワールドカップ2019豊田市招致委員会』の設立総会に出席しました。
(委員会顧問を拝命しました。)

FIFAワールドカップ、オリンピックと並ぶ世界三大スポーツイベントの一つである「ラグビーワールドカップ2019」の日本開催が既に決定していますが、この度、開催都市の一つとして豊田市が名乗りを上げ、そのための招致委員会の設立総会が本日開催され、私は委員会顧問の職を拝命いたしました。
(委員長は太田豊田市長)

このラグビーワールドカップは、海外から40万人の観戦者が訪れるとともに、世界207の国と地域でテレビ放映され、40億人を超える人たちが視聴する事が見込まれており、我が国の都市や地域を活性化し、発展させる絶好の機会となります。(試合会場として国内10~12会場が選定される予定)

豊田市においては、専用球戯場である『豊田スタジアム』を会場とし、大会ビジョンの実現と同大会の成功に貢献するとともに、広域のスポーツ振興、地域活性化に寄与し、国際都市として更に飛躍・発展すべく、大会招致を行っていく事となりますので、先ずは招致成功に向けて、皆さんで盛り上げて行きましょう。

----

記事掲載日:2014年6月24日

6月議会・本会議において一般質問を行いました。

今月18日から6月定例議会が始まりましたが、本日の本会議において、県議会議員として4度目の一般質問のため登壇いたしました。

今回の質問では、『中京大都市圏づくりに向けた愛知県の広報戦略』について、更なる産業集積・農産物を含む愛知ブランドPR・観光振興・県全体の広報戦略の大きくは4点に関する質問・提言を行いました。

2027年にリニア中央新幹線の東京~名古屋間の開業が予定されていますが、時間的距離の短縮によって、愛知の人・モノ・金・情報が東京に吸い寄せられる、いわゆる「ストロー現象」も懸念されていますので、その様な事が生じないよう、愛知の魅力向上&広報活動強化に向けて、今後もチェック・提言してまいります。

----

記事掲載日:2014年6月14日

『ふるもと伸一郎と語る会』に参加しました。

私が幹事長を拝命しております『民主党愛知県第11区総支部』では、今年度の活動方針の一つとして、多くの皆様への情報発信と意見交換を積極的に行っていく事としていますが、その一環として、先週・今週の2回に渡り、『ふるもと伸一郎と語る会』を開催しました。

残念ながら、先週の語る会には公務の都合により出席できませんでしたが、細野豪志衆議院議員をお招きし、集団的自衛権や社会保障問題等で盛り上がったとの事でありました。

また、今週は蓮舫参議院議員をお招きし、法人税減税・女性の社会進出支援・社会保障等についてお話いただきましたが、私は幹事長という役職がら、後ろの方で傍聴させていただきました。

今後も、民主党としての考えや、ふるもと衆議院議員をはじめ関係議員の活動内容を積極的に情報発信して参りますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

----

記事掲載日:2014年5月19日

政策討論集会でパネリストを務めさせていただきました。

本日、顧問を拝命しております全トヨタ労働組合連合会の政策討論集会が執り行われ、「子育て支援政策」に関するパネルディスカッションにおいて、斉藤よしたか参議院議員と共にパネリストを務めさせていただきました。

少子高齢化社会において、人口減少に歯止めを掛ける事が最重要課題の一つでありますが、待機児童問題をはじめ、未だ子育てし易い環境整備が充分に成されているとは言い難い状況にあります。

従って、これまで以上に国・県・市町村が連携し、待機児童対策や病児・病後児保育の確保、更にはライフ・ワーク・バランスの推進など、子育てし易い環境整備に努めてまいります。

----

記事掲載日:2014年4月25日

『とよた Ecoful Town』グランドオープニングセレモニーに出席しました。

豊田市では、最先端の環境技術開発に取り組む企業や市民と連携して、「環境モデル都市アクションプラン」、「次世代エネルギー・モビリティ創造特区」など、活力ある低炭素社会に向けて取り組みを推進していますが、これらの情報発信拠点として2012年5月に『とよた Ecoful Town』がオープンして以降、地産地消レストラン・水素ステーションが順次整備されてきましたが、この度、スマートハウスエリア等も完成し、グランドオープニングセレモニーが本日行われましたので、出席させていただきました。

この『とよた Ecoful Town』では、豊田市の低炭素社会に向けた取り組みを楽しく学ぶ事ができるパビリオンや、最新の環境技術を用いたスマートハウス、さらにはITS(高度道路交通システム)など、活力ある低炭素社会の実現に向けた様々な技術を見学・体験する事ができますので、過去に行かれた方も今回のグランドオープンにより面積は約2倍となっていますので、近未来の生活を体験しに行かれてはいかがでしょうか。

『とよた Ecoful Town』のホームページはこちら⇒ http://toyota-ecofultown.com/

----

記事掲載日:2014年4月9日

連合愛知豊田地域協議会の皆さんと共に街頭活動を行いました。

働く者の代表『連合愛知 豊田地域協議会』の皆さんと共に、豊田市駅のペデストリアンデッキにて、格差社会の是正に向けての街頭活動を行いました。

現在、国においてカネさえ払えばクビ切り自由の制度や、長時間労働を招きかねない「ホワイトカラー・イグゼンプション」の導入、更には、低賃金や低処遇で雇用も不安定なままの派遣労働の拡大などが検討されており、格差の更なる拡大が懸念されています。

労働者保護ルールの改悪による、労働者の犠牲の下の成長には断固反対し、働く事を軸とする安心社会の実現のために、皆さんの声を国政に送り続けてまいります。

----

記事掲載日:2014年3月16日

国道155号豊田南バイパス(美山町~東新町)開通式典に出席しました。

豊田外環状の一部を形成する国道155号豊田南バイパスは、全長12.9㎞の早期完成に向けて現在工事が進められていますが、美山町から東新町までの1.1㎞区間が完成をし、本日開通式典が執り行われましたので、私も出席させていただきました。

また、式典終了後にはテープカットとパレードも執り行われ、私の愛車iQで開通区間をいち早く走行させていただきましたが、他の車は高級車ばかりで少し恥ずかしい思いをしましたが、良い記念となりました。

この区間の完成により、東名高速道路豊田インターチェンジと国道153号とが接続をいたしましたが、豊田南北バイパスが全線開通すれば、豊田勘八インターチェンジまで接続する事となり、中心市街地を通過せずに南北を縦断する事が可能となるため、早期全線開通に向けて、引き続き働きかけてまいります。

----

記事掲載日:2014年3月6日

2月定例議会・本会議において議案質疑を行いました。

2027年の東京・名古屋間のリニア中央新幹線開通を控え、愛知県ではリニア時代の鉄道ネットワークの充実・強化に関する方策案の取りまとめに向けて、来年度に検討調査を実施予定でありますが、国においても昨年12月に『交通政策基本法』が成立いたしましたので、本法律に基づく県内交通ネットワークの充実に向けた取り組みについて質問しました。

残念ながら、国における『交通政策基本法』に基づく交通政策基本計画の策定等はこれからであり、愛知県としては国の動向を見極めた上での対応となるとの答弁でありましたが、『交通政策基本法』の趣旨と、リニアインパクトを活かしたまちづくりを関連付けながら、県内交通ネットワークが充実するよう、引き続き提言してまいります。

----

記事掲載日:2014年3月1日

市制63周年記念式典に出席しました。

本日、豊田市政63周年記念式典が開催され、吉田允昭氏・小田桐勝巳氏に市政功労章が授与されると共に、オリンピックで活躍した浅田真央選手をはじめ、各分野でご活躍された皆様が表彰されました。   

豊田市は昭和26年3月1日、県下12番目に「挙母市」として市制を施行し、今では名古屋市に次ぐ愛知県第2の都市として発展しましたが、これまでの諸先輩方のご労苦に改めて敬意を表する次第であります。   

なお、今年は7市町村が合併し、新豊田市となって10年の節目の年でありますが、太田市長は「ミライのフツーを目指そう」をキャッチフレーズに、未来志向のまちづくりに取り組むと力強くご挨拶をされていましたので、微力ではありますが、私も未来志向のまちづくりに向けて頑張っていきたいと思います。


----

記事掲載日:2014年2月22日

民主党愛知県第11区総支部の定期総会が開催されました。

本日、民主党愛知県第11区総支部(総支部長:古本伸一郎衆議院議員)の第13回定期総会並びに意見交換会を開催し、民主党の支持率が低調の中においても、多くの党員・サポーターの皆様ご出席いただき、平成26年度の活動方針等をご承認いただくとともに、叱咤激励を頂戴いたしました。

11区総支部において私は幹事長を拝命しておりますので、今回の定期総会では、活動方針をご提案させていただきましたが、ご承認いただいた

①来春予定の統一地方選挙に向けた一層の体制強化
②地域社会に根差した活動の推進と声の吸い上げ活動の充実
③党員・サポーター拡大活動の強化

の3点を重点に総支部活動に取り組んでまいりますので、引き続きのご支援・ご指導をお願い申しあげます。


----

記事掲載日:2014年2月6日

建設委員会の委員派遣で国土交通省等に行ってまいりました。

建設委員会の委員派遣制度を活用し、2月5日・6日の2日間に渡り東京に行き、建設委員会所管の各種調査を行ってまいりました。

先ず1日目は、 東京臨海広域防災公園にお邪魔しましたが、この公園は平常時は防災体験等が行える国営公園ですが、首都直下型地震が発生した際は緊急災害現地対策本部が設置できるよう整備された公園であり、愛知県においても南海トラフ巨大地震に対する備えとして、国に対し基幹的広域防災拠点の整備を要請しておりますが、早急な対応がされるよう引き続き国に働きかけてまいります。

続きまして2日目は、古本伸一郎衆議院議員に仲介いただき、国土交通省からのインフラの老朽化対策や来年度の主要事業に関する説明を受けたり、首都高速道路(株)にお邪魔して道路網整備や経営状況について説明頂きました。

2月議会が間もなく開会となりますので、今回の調査結果を活かし建設委員会等で発言していきたいと思います。


----

記事掲載日:2014年1月13日

『ESDイヤー キックオフイベント』に参加しました。

ESDユネスコ世界会議が本年11月に愛知県と岡山県で開催される事から、『ESDイヤー キックオフイベント』が本日開催され、私も参加させていただきました。

「ESD」とは聞き慣れない言葉ですが、環境・貧困・人権・平和・開発といった現代社会の様々な課題を自らの問題として捉え、身近なところから取り組むことにより、それらの課題の解決につながる新たな価値観や行動を生み出し、それにより持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動の事であります。(ESDは、Education for Sustainable Development の略)

非常に難しいテーマでありますが、世界会議開催を契機に、皆さんと一緒に持続可能な社会の実現に向けて考え行動し、世界会議を盛り上げていきたいと思います。

なお、キックオフイベントでは、ユネスコスクールに加盟している学校を代表し、豊田東高等学校の生徒さんによる活動報告もありましたが、非常に素晴らしい発表で感動いたしました。


----

記事掲載日:2014年1月7日

連合愛知新春交礼会に出席しました。

年が明けて早くも1週間が経過いたしましたが、今年はカレンダーの関係上、6日が『仕事始め』という方も多く、例年に増して休日日数の多い正月連休となりましたが、皆様におかれましては、如何お過ごしになられましたでしょうか。

さて、事実上稼働日2日目となる本日、働く者の代表である『連合愛知』の新春交礼会が開催され、政策推進議員の一人として参加させていただき、多くの皆様との意見交換をさせていただきました。

日本経済は、アベノミクス効果により緩やかな回復を果たしているものの、未だその効果は限定的であり、且つ、小泉政権時のような格差拡大が懸念されておりますので、『働くことを軸とする安心社会の実現』に向けて、本年も引き続き頑張って参りますので、皆様のご指導の程、宜しくお願い致します。


----
----