愛知県議会議員 こたま義和 オフィシャルWEBサイト誰もが魅力を実感できる“愛知”を目指して!!

こだま義和の活動報告

後援会のご案内

県政レポート

県政レポート

活動報告

記事掲載日:2021年3月28日

松平地区豊田市合併50周年記念式典に出席しました。

本日、昨年4月1日をもって豊田市との合併50周年を迎えられた松平地区様の記念式典が執り行われ、私も列席させて頂きました。

50年の永き歴史の間には、幾多の困難に直面させた事もあったと思いますが、それらを乗り越えられ、50年の節目を迎えられた事に敬意を表します。

松平地区は徳川家の始祖である松平氏発祥の地として広く全国に知られておりますが、合併50周年を契機に更に活気溢れる街へと発展されます事を期待しますとともに、住民の皆様のご健勝ご多幸を祈念申しあげます。

記事掲載日:2021年3月27日

「豊田上郷スマートインターチェンジ」開通式典に出席しました。

本日、豊田市内8つ目のインターチェンジとして、「豊田上郷スマートインターチェンジ」の開通式典が執り行われ、地元選出議員の一人として列席させて頂きました。

また、本日のスマートインターチェンジ開通とあわせて、上郷SAの名称も「豊田上郷SA」に変更となりました。

本事業に携わられた全ての皆様に心より敬意と感謝の意を表しますとともに、本スマートインターチェンジの開通により、自動車関連を中心とする企業活動・物流の効率化のみならず、高速道路の利便性向上による救急医療体制の充実に繋がる事を期待しております。

記事掲載日:2021年3月24日

国道301号松平トンネル開通式典等に出席しました。

本日、豊田・岡崎地区研究開発施設用地(トヨタ自動車(株)テストコース)造成事業の「東工区2期及び西工区引渡し式」と、一般国道301号松平バイパス「松平トンネル開通式典」が執り行われ、地元選出議員の一人として列席させて頂きました。

約9年間に渡る研究開発施設用地造成事業(県企業庁の造成工事費は約1,100億円)は、これで愛知県としては全て完了となり、今後はトヨタ自動車殿が独自に施設整備&運用をされて行く事となります。

また、本日開通となった松平トンネルは、この研究開発施設をはじめ下山地域と豊田市の中心市街地とを結ぶ重要なルートとなりますが、両事業の完成を契機に、次世代技術の開発が加速され、本県の更なる発展に繋がる事を期待しております。

最後に、両事業に関わられた皆様に心より敬意と感謝の意を表しさせて頂きます。

記事掲載日:2021年3月21日

安永川完成式典&矢作川(鵜の首)事業着手式に出席しました。

新型コロナウイルス感染症の影響により開催が延期となっておりました「一級河川安永川都市基盤河川改修事業完成式典」&「矢作川鵜の首地区水位低下対策事業着手式」が、感染防止策を徹底した上で本日開催され、地元選出議員の一人として列席させて頂きました。

両事業とも、21年前の東海豪雨で豊田市も甚大な被害を受けた事を教訓とし、水害から街を守る為には必要不可欠として、早期対策が切望されていた事業であり、完成した安永川事業に携わられた皆様に心より敬意と感謝を申し上げますと共に、矢作川鵜の首水位低下対策事業の早期完成を期待しております。

記事掲載日:2021年3月10日

本会議において来年度予算案に関する議案質疑を行いました。

明日の3月11日をもって、東日本大震災の発災から丸10年の節目を迎える事から、本日開催された2月定例会本会議において、来年度予算案のうち、民間住宅・建築物地震対策推進事業費について質問しました。

なお、質問に対し県からは、今年度末までに住宅の耐震化率95%を目指してこれまで取り組んできたものの、現状は約91%と未達となったが、新たな計画を策定し、2025年度までに95%・2030年度までに耐震性が不足する住宅は概ね解消を目指していくとの答弁がありました。

答弁に対し私からは、近年では新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、災害時の避難所における感染防止の観点からも、在宅避難・分散非難がクローズアップされている事から、住宅の耐震化を更に推進するよう要望するとともに、地震が起きた際に自宅にいながら尊い命を失う人が一人でも少なく出来るよう、家具等の転倒防止対策の推進もセットで取り組む事を要望しました。

記事掲載日:2021年3月6日

豊田市の「市政70周年記念式典」に出席しました。

豊田市は昭和26年3月に県下12番目に「挙母市」として市政を施行して以来70年の節目を迎えたのを受け、コロナ禍のため出席者を絞っての開催となりましたが、記念式典が催され、豊田市選出の県議会議員を代表して祝辞を述べさせていただきました。

70年の永き歴史の間には、幾多の困難に直面された事もあったと思いますが、それらを乗り越え今日という日を迎えられた事に、先人の皆様を含め全ての皆様に心より敬意と感謝の意を表します。

現在もコロナ禍で先行きが不透明な状況ではありますが、皆さんの力を結集し、豊田市が目指す「ミライのフツー」の実現を通じて、更に住みやすく働きやすい街となる事を期待しております。

なお、式典内容・70周年記念映像はYouTubeで公開されておりますので、是非ご覧ください。

【式典内容】
https://www.youtube.com/watch?v=FZrus4k9wJE

【70周年記念映像】
https://www.youtube.com/watch?v=POkEalHuuNg

記事掲載日:2021年1月18日

緊急事態宣言に伴う補正予算を可決しました。

新型コロナウイルスの第三波は感染拡大を続け、全国各地で医療提供体制のひっ迫が深刻化しており、1月7日には首都圏1都3県に対し緊急事態宣言が発出されましたが、愛知県においても13日に緊急事態宣言が発出されました。

そのため、国の基本的対処方針を踏まえ、感染リスクが高く感染拡大の主な起点となっている場面に効果的な対策を徹底する事が必要となりますが、その中でも特に飲食業の皆様に対しては、
・アルコールを提供する店舗から全飲食業店舗に対象拡大
・閉店要請が夜9時までを夜8時までに変更
 (テイクアウトは除く)
・協力金を4万円/日から6万円/日に変更
となり、その為の追加予算(約250億円)を本日開催された臨時議会にて可決しました。

医療提供体制を堅持し、かけがえのない生命と健康を守るため、県民の皆様の引き続きのご理解とご協力を切にお願い申しあげます。

なお、緊急事態宣言に関する詳細は県HPをご参照願います。
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/covid19-aichi.html

----