こたま義和のトピックス

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

政策推進議員会議が立ち上がりました。

日頃から大変お世話になっております、連合愛知豊田地域協議会殿とのこれまで以上の連携強化を目指し、政策推進議員会議が立ち上がり、目出度く第一回目の会議が開催されました。
今後は、『こころ豊かで活力ある、住み良い地域社会づくり』を目指し、連合愛知豊田地域協議会殿のアンケート等を通じて、政策推進議員会議で組合員の皆様の意見を広く頂戴し、今後の議員活動に反映してまいりますので、是非ご期待ください。

掲載日:08年12月24日

全トヨタ労連・政推連総会に出席いたしました。

全トヨタ労連・政推連(政策推進議員連絡会)の総会が開催され、私も所属議員の一人として出席いたしました。
政推連は、全トヨタ労連と国・地方議員との連携強化を図る目的で発足し、その成果が組合員の皆さんにもよく判る様、活動の「見える化」にも現在取り組んでおります。
(私の取り組みテーマは『新たなる行政経営戦略プランの策定』です)
今後も、全トヨタ労連との連携を密にし、政策実現に向けて頑張ってまいりますので、よろしく御願いいたします。

掲載日:08年11月25日

ダービーシャー県等と姉妹都市提携10周年を迎えます。

豊田市は、トヨタ自動車鰍フ現地法人が英国ダービーシャー県に設立されたことがきっかけで、1998年11月16日にダービーシャー県・ダービー特別市・南ダービーシャー市の3自治体と姉妹都市提携を結びました。
以降、3回に渡る市民使節団の派遣や「愛・地球博」などを通じて交流を深め、この度10周年を迎えるにあたり、記念式典及びレセプションが開催されました。
今後は、更なる国際化を目指し、これまで以上に世界との交流を深めてまいりますので、ご期待ください。

掲載日:08年11月04日

『交通死亡事故抑止緊急アピール』が行われました。

豊田市内では、平成20年1月1日から10月27日までに、交通事故で14名の尊い命が失われました。特に10月8日から27日の短期間に4名の方が亡くなるという緊急事態となっております。
こうした事態を受けて、年末の交通安全運動を前にして、交通事故抑止と事故撲滅の決意を新にするため、『交通死亡事故抑止緊急アピール』 が執り行われました。
これ以上、交通事故犠牲者を出さないよう、皆様も細心のご注意を御願いいたします。

掲載日:08年10月31日

全国市議会議長会・研究フォーラムに参加しました。

10月15日・16日の2日間に渡り、北海道釧路市において第3回全国市議会議長会研究フォーラムが開催され、全国より約1,500名の議員が参集し、主に「市議会議員とは何か」について、パネリストによる議論等を通じて理解を深めました。
豊田市からは正・副議長をはじめ、私を含めて6名で参加し、他市の状況と本市とを比較し、議会改革の更なる必要性について確認いたしました。
今後は、議会改革の他市の見本となるよう、議会改革に対する意見を積極的に提言してまいりますので、ご支援よろしくお願いいたします。

掲載日:08年10月20日

『グリーン・クリーンふじの丘』を視察しました。

今年度に入り、豊田市の関連施設へ積極的・計画的に訪問し、運営状況等を確認しておりますが、この度は『グリーン・クリーンふじの丘』に訪問し、 不燃物の処理状況について確認いたしました。
『グリーン・クリーンふじの丘』は平成18年4月より供用開始し、今後50年間の豊田市&三好町の一般廃棄物の最終処分場としての役割を担っておりますが、更なる延命化のためには、皆さんのゴミ排出量減と分別化の徹底が必要でありますので、ご理解とご協力を御願いいたします。
(『グリーン・クリーンふじの丘』に関する詳細はhttp://www.city.toyota.aichi.jp/division_n/facilities/greenclean/

掲載日:08年10月14日

豊田加茂医師会殿との意見交換会を実施しました。

昨今、公立病院の閉鎖や医師不足、また、今年度に入り後期高齢者医療制度のスタートなど、医療に関わる問題は深刻化しております。豊田市においては、豊田厚生病院が本年より開業し、トヨタ記念病院・足助病院・地域医療センターの各基幹病院とその他病院との連携により、医療崩壊には至っていないものの、今後の課題等について私の所属するユタカクラブ議員協議会として初めて意見交換会を実施しました。
今後は、本日の意見交換会で出された課題等について積極的に取り組み、市民の皆さんの医療確保に努めてまいります。

掲載日:08年9月30日

『子育て家庭優待事業』が10月よりスタートします。

6月議会の一般質問において、市の対応を問うた『子育て家庭優待事業(はぐみんカード)』が10月よりスタートするのに先立ち、市内対象者へのカード配布が始りました。
この事業は愛知県と共に実施する事業であり、豊田市に限らず県内の協賛店舗・施設(「はぐみん優待ショップ」)で買物等利用した際に提示することにより、お店が独自に設定する様々な特典が受けられる事業です。
県内の協賛店舗・施設はホームページで公開されておりますので、有効にご活用ください。(http://www.pref.aichi.jp/0000005071.html

掲載日:08年9月9日

『平成21年度 政策予算要望』を市長へ提出しました。

私の所属会派『市民フォーラム』は、原油の高騰による自動車販売台数の落ち込みにより、来年度予算は厳しくなると予想される中でも、「生活 者を主体とした、安心して暮らせる豊田市の実現」を目指し、会派内で議論を重ねた結果、昨年度要望より更に絞り込んだ政策予算要望を鈴木市長へ提出いたしました。
(詳細は10月発行予定の『後援会だより』にてご報告いたします)
今後は、来年度予算編成作業において、私たちの政策予算要望が確実に反映されるよう、引き続き働きかけてまいります。

掲載日:08年8月28日

1期生議員合同市内視察を実施しました。

私の所属会派『市民フォーラム』1期生4名と、最大会派『自民クラブ』1期生5名で、市内視察を実施しました。
視察先は、市内PCB処理施設・障がい者総合支援センター(けやきワークス)・青少年相談センター(パルクとよた)の3ヶ所で、それぞれの運営状況や課題等について説明を受けました。
特に、障がい者総合支援センター・青少年相談センターについては、他市に先駆けた市の中核施設ですが、利用者が年々増加するなどの課題もあり、市としての更なる対策が必要と痛感いたしました。

掲載日:08年8月6日

富士山の植樹活動に参加しました。

昨年に引き続き、富士社会政治大学校の政治専科(政策活動コース)を今年度も受講しておりますが、その第1回集中講座が行われ、そのカリキュラムの一環として、富士山の植樹活動に参加いたしました。
富士山南東麓は、西暦1707年の宝永の大噴火により、当時標高2500m辺りまで生えていた原生林は荒原と化し、今だ植物たちの進出を拒み、崩壊の傷口を広げ続けています。
森林問題は、富士山のみならず、豊田市においても同様であり、一人でも多くの皆さんの参加が必要不可欠ですので、是非身近な活動等がありましたら、ご参加ください。

掲載日:08年8月1日

『全トヨタ労連 政策シンポジウム』に参加しました。

全トヨタ労連加盟の組合員約1,000名が参加し、政策シンポジウムが開催され、私も地方議員連絡会の一員として参加いたしました。
今回のシンポジウムは、『安心・納得できる医療・介護制度の実現に向けて』について、特に医療問題にスポットを当ててパネルディスカッション方式で進められた後、組合員総意としてのアピール(案)を採択し、民主党に要望書を提出し閉会いたしました。医療・介護問題は、市町村レベルにおいても、最重要課題の一つであり、アピール(案)実現に向けて、今後も積極的に取り組んでまいります。

掲載日:08年7月14日

『豊田市子ども会議』が発足しました。

『子ども会議』は、昨年9月度議会で全会一致で可決された『豊田市子ども条例』に基づき、子どもにやさしいまちづく りを進めていくため、子どもの目線による取組などを検討し、 将来的には市に提言を行う事を目的とし、設置が義務付られておりましたが、本日43名の委員をもって『子ども会議』が正式に発足いたしました。(今後は1回/月で開催予定)
初回の会議では、代表選出にあたり9名が立候補するなど、 非常に活発且つ前向きな意見交換が行われ、後ろで傍聴していた私も、『子ども達に負けないよう頑張らなくては!!』と改 めて思った次第であります。

掲載日:08年6月30日

6月議会において一般質問を行いました。

豊田市議会6月定例会が始まりましたが、一般質問の場を通じて、 『更なる子育ち支援』『地震災害対策』『豊田スタジアム屋内プール天井落下事故』の3点について、市の対応を問いました。
『更なる子育ち支援』『地震災害対策』の2点については、非常に前向きな答弁を得ましたので、確実に実施されるようフォローしてまいります。『屋内プール天井落下事故』に関しては、弁護士と相 談中につき、現段階では回答できないとの答弁でありましたので、 皆さんが納得できる結果となるよう、引き続きチェックしてまいります。
(質問内容詳細は、後日発行の後援会だより7をご参照ください)

掲載日:08年6月13日

「コモ・スクエア」竣工式が執り行われました。

豊田市駅前通り南地区・第一種市街地再開発事業(コモ・スクエア)の竣工式が執り行われ、私も出席させていただきました。
コモ・スクエアは、平成15年3月の再開発組合設立から5年3ヶ月、ホテル・スポーツ・商業業務施設は先行オープンしておりましたが、この度 住宅施設が完成し、事業が完結いたしました。
これまでの関係者各位のご努力に敬意を表すると共に、今年度『中心市街地まちづくり検討特別委員会』委員を拝命いたしておりますので、コモ・スクエアを活かした街づくりに向けて、提言を行ってまいります。

掲載日:08年6月3日

ユタカ議協『定期総会』が開催されました。

ユタカクラブ議員協議会(略称:ユタカ議協)は、トヨタ関連労組に属する議員の相互研鑚、地域社会への貢献を目的として設立された団体でありますが、この度36回目の定期総会が開催されました。
昨年度は、参議院議員選挙をはじめ多くの選挙が行われた結果、政治の世界においては、今まで当然であった事がそうでは無くなり、改めて議員一人ひとりの行動が問われる時代となりました。
私は、昨年度に引き続き、ユタカ議協・政策研究会のメンバーの一人として、未来に希望の持てる社会制度構築に向けて、今後も頑張ってまいります。

掲載日:08年6月2日

国会に行ってまいりました。

トヨタ紡織労働組合の職場役員の皆様と一緒に、国会に行ってまいりました。
当日は、全トヨタ労連の組織内議員の古本衆議院議員・直嶋参議院議員、自動車総連組織内議員の池口参議院議員、そして愛知県選挙区選出の大塚参議院議員から国政に関する説明をいただきました。
国と地方は直結しており、国での決定事項は豊田市に大きな影響を 及ぼしますので、今後も国会議員の皆さんと連携を深めて活動して まいります。

掲載日:08年5月21日

政治専科の優秀賞を受賞しました。

富士政治大学校の第五期政治専科(議会活動コース)を昨年8月より受講しておりましたが、3回の合宿研修とレポート提出を経て、本日無事卒業を迎えました。
また、合宿研修の全参加とレポート内容が認められ、卒業生44名のうちの上位5名に認められ、優秀賞を授与されました。
政治専科は、全国各県市町の新人議員を対象とした、政治のプロの育成機関として設立された学校でありますが、ここでの学習内容を今後の議員活動に活かせるよう、頑張ってまいります。

掲載日:08年4月28日

『稲武温泉どんぐりの湯』が開設10周年を迎えました。

稲武温泉『どんぐりの湯』は、道の駅に隣接する稲武地域の中心施設ですが、この度開設10周年を迎え、記念式典が開催されました。
記念式典では、三河万歳・稲武太鼓の披露もあり、大変盛り上がりましたが、『どんぐりの湯』自身は、10年という年月が経過したこともあり、施設の老朽化も進行しており、来年度には大規模リニューアル工事を予定しております。しかしながら、リニューアル前の今現在でも、充分温泉を楽しめますので、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

掲載日:08年4月21日

『新三河タイムス』さんの取材を受けました。

『新三河タイムス』さんは、豊田市・三好町周辺をエリアとし、週1回発行する地方新聞社さんですが、昨年4月の豊田市議会議員選挙で初当選し1年が経過するのを契機に取材を受けました。
取材内容は、議員活動における最も気を付けている点・豊田市の今後の方向性・都市と農山村の共生、そして次期豊田市議会議員選挙の定数問題と多岐に渡り、今現在の私の思いを隠す事無く述べさせていただきました。
取材内容が記事となるのは4月17日発行分だそうですので、『新三河タイムス』ご購読の皆様におかれましては、是非ご高覧ください。
(新三河タイムスHPアドレス:http://www.shinmikawa.co.jp

掲載日:08年4月9日

プラネタリウム内覧会に出席しました。

とよた科学体験館(産業文化センター内)の『プラネタリウム』が3月22日にリニューアルオープンいたしますが、本日内覧会が開催され、皆さんより一足お先にプラネタリウムを体験いたしました。
改修前のプラネタリウムと異なり、今回の改修によって約26万個の星々を美しく映し出す事ができる光学式システムと、立体感あふれる映像を映し出す事ができるデジタル映像システムを融合ささせた最新のシステムへと生まれかわりまた。
 皆さん、是非一度足をお運びください。

掲載日:08年3月19日

各種記念式典が開催されました。

本日、中村寿一氏(元挙母町長)・豊田喜一郎氏(トヨタ自動車創業者)顕彰像献花式と、市政57周年記念式典・豊田市民の誓い制定30周年記念式典『あったかフェスタ』が開催されました。
中村寿一氏・豊田喜一郎氏が、今の豊田市の礎を築いた事は非常に 有名ですが、市政57周年&豊田市民の誓い制定30周年と、諸先輩方が築いてこられたこの豊田市の素晴らしさを改めて認識し、更に発展させるべく頑張ろうと決意を新にしました。
また、私の先輩である鈴木伸介元市議が、本日までの功績により、
市政功労章を授与されました。おめでとうございます。

掲載日:08年3月3日

『レジ袋削減に関する協定』締結式が行われました。

豊田市環境学習施設eco-T(エコット)にて、とよたエコライフ倶楽部全体会が行われ、その一部として『レジ袋削減に関する協定』締結式が行われました。
レジ袋の無料配布中止は、昨年8月から市内2事業者(4店舗)でモデル事業を実施しておりましたが、4月1日からトヨタ生協殿(メグリア)・あいち豊田農業組合殿(Aコープ)・イオン殿(ジャスコ)をはじめ30事業者(65店舗)に拡大して、レジ袋削減に向けた本格的な取り組みが実施されます。
皆さん、買い物の際は是非『お買物袋』を持参しましょう!!

掲載日:08年2月25日

豊田市長選挙が行われました。

平成17年4月の7市町村合併後、初の豊田市長選挙が行われ、私も所属している『21世紀の豊かなまちを作る会』推薦の鈴木公平現市長が、見事3選を果たしました。【得票数は125,133票】
投票率は前回(46.03%)を上回る49.51%と、選挙への関心の高さを物語っており、鈴木市長が公約(マニュフェスト)に掲げた諸施策実現に向けて、 私も全力で取り組んでまいる所存です。

掲載日:08年2月4日

平成20年がスタートしました。

平成20年の始まりにあたり、豊田市民文化会館において『新年あいさつ会』が執り行われ、鈴木市長・岩月議長の新年あいさつと、来賓として古本衆議院議員をはじめ各級 議員が参列・ご挨拶される中、私も出席いたしました。
本年は豊田市第7次総合計画のスタート年となり、豊田市にとって重要な年でありますが、全力で頑張ってまいりますので、よろしく御願い申しあげます。

掲載日:08年1月7日